新年だから、家計管理の目標を立てて、最高にためる1年へ。

今年は、夫の年収が、去年にくらべて100万円は下がることが決まっています。
でも、ピンチはチャンスって、本当?!

ピンチをチャンスに変えて、最高にためる1年を実現することができるように、
今年はこの3つのコンセプトを中心に目標をおいて、実行することにしました。

sponsored link




節約だけでは限界があるので、それ以外でお金をふやす方法も考える。


わたしは毎月、家計簿をつけていますが、毎月の支出額を見ると、お金をためる
ためには、節約だけでは限界があることを痛切に感じます。

そのため、これからは次の3つのコンセプトを、お金をためるための基本的な軸
としてとらえて、実践していきたいと考えました。

1.節約する。

持たない・買わない・使いきる、3つのキーワードを心がけたシンプルな生活を
送ることで、無駄をはぶいた、お財布にやさしい家計を目指します。

2.働いて収入をふやす。

わたし自身がはたらいて、月に1万円でもいいので、収入をふやします。

3.金融商品を利用してお金をふやす。

将来に向けた勉強の意味もふくめて、自分に合ったリスクの低い商品をさがして、
運用にチャレンジします。


thank you mini calendar.jpg


先日購入したサンキュ!2015年12月号の特集を読んで、お金をためるためには、
自分自身のマインドをしっかりと持つことが大切であることがわかりました。

※画像は、付録のカレンダーです。ミニサイズ、すごくいいです!
関連記事:サンキュ12月号を買って、来年は最高に貯まるシンプルな暮らし。


マインドがぶれないように、自分がこれらに対してどのようにアクションを起こす
ことができたのかを、毎月きちんとふり返りながら、最高にためる1年を実現して
いきたいと思います。

新年は気持ちを切り替えるいい機会、目標をたてなければ、もったいない!



「持たない」「買わない」「使いきる」暮らしの参考にしています: