PaulSmithのスーツのズボンが2着やぶれて、修理に出しました。

朝、夫がスーツのズボンを履こうとすると、悲鳴をあげました。

「あぁぁ!穴があいてる~!」

のぞいてみると、確かにうしろのポケットのはじっこのほうが、
すこしやぶれていました。

sponsored link



「お財布を入れてるからじゃない?」と、わたし。
「入れてないよ」と、夫。

だとすると、考えられる理由は、ただひとつ。
そう、歳を重ねるにつれて、スーパーサイズになっているから・・・。笑


今度あたらしいスーツを買うと夫が言っていたので、
やぶれたポールスミスのズボンはどうするのだろうと思っていると、

長く着れるように、新しいスーツは今持っているものと交互に着るから、
ズボンはお直しに出してきてほしいと言われ、

さっそくその日のうちに、お直し屋さんに持っていきました。


paul smith suits.JPG


そのわずか1週間後の朝。
夫がスーツのズボンを履こうとすると、悲鳴をあげました。

「あぁぁ!穴があいてる~!」

のぞいてみると、確かにうしろのポケットのはじっこのほうが、
すこしやぶれていました。

お直しに出していない、別のポールスミスのスーツのズボンです。


「スーパーサイズになったからじゃない?」と、わたし。
「経年劣化だから」と、夫。

すかさず、お直しに出してきてほしいと言われ、
またもやその日のうちに、お直し屋さんに持っていきました。


気に入った洋服を長く使うという夫のその心がけは、

シンプルでミニマルな暮らしを送りたいと思いながらも、
なかなか夫と足並みがそろわないなかで、

同じ方向をむいていると思える、数すくない点のひとつ。
これからも家族で大切にしていきたい、モノとの付き合い方です。


★やぶれたスーツはお直しに出して、長く着なければ、もったいない!



「持たない」「買わない」「使いきる」暮らしの参考にしています: