【本日の断捨離】骨の折れたうちわ

「熱っっ!」

ある日、炊きたてのお米をおにぎりにしようとご飯を手にのせると、
あまりの熱さに耐えかねて叫ぶわたし。

ハッとして、ダダダダ~と急いでなにかを取りに行き、
もどってきた息子の手には、お気に入りのうちわがありました。

「○○ちゃんがあおいであげるね、パタパタパタ~!」

そう言いながら5秒あおぐと「これでもう大丈夫?」とうちわを置いて、
ふたたび遊びの世界へ旅立っていきました。

sponsored link



そんな、息子との熱いものを冷ますときの思い出がたくさんつまったうちわも、
1年くらい使っているうちに、骨が1本折れてしまいました。

ちょうど、通りがかりのイベントでうちわをもらったところだったので、
壊れたうちわは捨てて、新しいほうを使うことにしました。


paper fan.JPG


今年の持たない・買わない・使い切る暮らしの目標は、
小さなほつれやほころびを、なくしていくこと

地曳いく子さんの服を買うなら、捨てなさいでは、
イマイチな服を減らことはおしゃれにつながると書かれていますが、

それと同じように、住まいの中のほつれやほころびをなくしていくことは、
暮らしの質を上げていくことでもあると考えます。

ボロボロになってきたものは、長く取っておきすぎずに、直すか捨てる。
今年の後半も、目標に向けて前進していきたいと思います。

★ほつれやほころびは、減らしていかなければ、もったいない!



*新しいブログも更新中です* 持たない・買わない・使い切る